高速バスで節約しながら旅をする

旅行の費用をカット

バス

格安だとされている高速バスは、旅費を安く押さえるコツとして多く利用されています。陸続きになっている地域であればどこにでも行けるので、本州では多くの利用者から人気を集めているでしょう。財布の負担を軽くできる為、レジャー費を多く割けます。

More Detail

お互いにマナーを守る

家族

公共の場や乗り物の中では、その場にいる人と気持ちよく過ごせるよう守るべきマナーを守りましょう。高速バスでは基本的に、携帯電話の通話利用を禁止しているのでマナーを設定し音が鳴らないようにしておくことです。

More Detail

主要駅での集合

車内

高速バスの出発バス停のほとんどが、その地域内で主要となっている駅にあります。本線が通っている大きな駅になると、複数種類にも渡るバス会社の高速バスが発着しているでしょう。最も利用しやすいバス停を見つけてみましょう。

More Detail

プライバシーを守るシート

ハンドル

高速バスに乗るときは、当日では予約でいっぱいの可能性があるのであらかじめ予約をしておくべきです。全国各地にバス会社があり、そのほとんどがネット予約からクレジット決済を可能にしています。必要であれば、今すぐにでもスマホから空席情報を集められることでしょう。旅行や出張に掛かる費用を抑える為にと、多く選ばれている高速バスの中で最も主流とされているタイプには4列シートがあります。4列シートは乗客と隣同士に並ぶAとB 列があり、通路を挟んでCとD列が並んでいるものです。どの席にあたろうとも、必ず他の乗客のシートと隣接しているので、体のサイズによっては狭苦しさを感じることでしょう。また、睡眠をとろうにも席が隣接している故に、寝顔を見られてしまうこともあります。しかし、2列や3列などシート一つ一つが独立している場合、プライバシーを守る為のカーテンが備え付けられているのでそんな心配は皆無です。安らぎの一時を満喫できます。

需要の高い高速バスは、日本人観光客のみならず外国からやってきた観光客やバックパッカーからも利用されています。最も乗車賃の安い4列シートは、財布にとても優しいというメリットから予約は常にいっぱいになりやすいので予約するときは、利用したい便を早めに把握しておきましょう。高速バスの乗車予約開始は利用当日からきっかり2ヶ月前、1ヶ月前と定められているので、予約日もあらかじめ分かりやすいものです。長時間乗車することになるので、乗車中に快適に過ごせるよう便利グッズを持ち込む人も増えています。睡眠をとろうと考えているなら首が痛くならないよう、コンパクト枕を備えておきましょう。